せとうち観光専門職短期大学

学校概要

Message

せとうち観光専門職短期大学学長(就任予定)青木 義英

 せとうち観光専門職短期大学(仮称・以下本学)は、2021年4月の開学を構想している専門職短期大学です。設置が認可されれば、おそらく日本初の観光分野の専門職短期大学となります。
 観光はこれからの日本を支える基幹産業です。先進諸国において、観光客数は昭和40年代から現在まで、世界全体でほぼ右肩上がりに増大しています。「観光振興」は近年の我が国の大きな社会変革のひとつであると言えます。
 本学では、そうした観光振興の持続と発展を図るため、観光振興のエキスパートとして、観光産業及び観光による地域創生事業を牽引しながら、社会構造の変化やニーズを的確に捉えて事業イノベーションや地域社会の魅力を創出することができる高度専門職業人の養成をめざしています。(本学ではこのような人材を「観光振興専門職」と呼ぶことにします。)

もっと読む
 観光振興専門職は、「観光の理論と知識」と「観光実務の知識と技能」を融合させながら、バランス良く修得し、その上で「事業イノベーションや地域社会の魅力を創出するための応用的能力」を身に付ける必要があります。
 また、「観光実務の知識と技能」は、人と対面し接遇するホスピタリティと深く結びついています。ホスピタリティは他者を歓待する精神であり、観光振興専門職は、ホスピタリティ・マネジメントの技能をも体得しなければなりません。
 本学では、このような能力を学生の皆さんに養ってもらえるよう、瀬戸内地域を中心とする産業界等と連携して、教育課程や臨地実務実習の水準の向上に努めていきます。
 素晴らしい将来ある皆さんが、日本を支える観光分野の高度専門職業人となるため、本学に入学を希望されることを心から期待しています。

せとうち観光専門職短期大学学長(就任予定)
青木 義英

1972年日本航空入社。マドリード支店長等として活躍。
鈴鹿国際大学国際人間科学部特任教授、和歌山大学観光学部客員教授を経て、2021年4月より本学の学長に就任予定。

<所属学会>
観光学術学会 理事 副会長
国際観光学会
日本民俗学会
日本クルーズ&フェリー学会
<社会活動等>
(公財)大阪タクシーセンター「インターナショナルタクシー創設検討委員会」委員長

学校概要

学校名 せとうち観光専門職短期大学(仮称)
理事長 穴吹 忠嗣
学長就任予定者 青木 義英
開設場所 香川県高松市屋島西町2366-1
(旧:高松テルサ)
設置学科 観光振興学科(仮称)/3年制
入学定員 80名
開学時期 2021年4月 開学構想中

建学の精神

観光と社会や人類との関わりを深く探究し、観光を通じて、 地域社会の発展と諸外国との交流と共生に貢献する人材を
育成する。

教育理念

  • 教員、職員、学生が、小規模な組織において一体となった教育の場を構築する。
  • 大学教育で修得されるべき思考力を涵養する。
  • 産業界との教育連携を拡充し、専門職業人の徹底的な実務教育を実践する。
  • 地域連携を深化させ、多様な地域貢献のあり方を模索し実現する。

養成する人材像

観光振興のエキスパートとして、観光産業及び観光による地域創生事業を牽引しつつ、社会構造の変化やニーズを的確に捉えて事業イノベーションや地域社会の魅力を創出することができる高度専門職業人を養成します。

専門職短期大学の特徴

2017年5月の学校教育法の改正に伴い、 短大創設以来、 55年ぶりに新たな高等教育機関として大学制度の中に位置づけられたのが、 専門職大学・専門職短期大学です。 実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関として、産業界との連携に重点を置いた教育を行います。

  1. 01_
    実務家教員( 専攻分野において概ね5年以上の実務経験を持ち、 高度な実務能力を有する )を教員組織の中に位置づけ、 必要専任教員数の概ね4割以上を実務家教員とし、 さらにその半数以上は研究能力を併せ有する実務家教員とする。
  2. 02_
    卒業単位の概ね3~4割程度以上を実習等の科目とするとともに、 適切な指導体制が確保された企業内実習等を2年間で 10単位以上履修する。
  3. 03_
    産業界等と連携した教育課程の開発、編成を行う協議会を設置する。
  4. 04_
    専門職短期大学卒業者には「短期大学士(専門職)」の学位を授与。 この学位は、「短期大学士」相当のもの。